2017年11月16日

見た目を嗤って楽しいですか

同居人の話です。

彼はテレビに出ている人やモノを指さして嗤うことが頻繁にあります。

かなり痩せている人を見て、

「痩せすぎwwwガイコツみたいwww」

と人差し指で差して言ったり。

いや、その人、ちゃんと生きていますけど。

骸骨だなんて、それは侮辱ではないかと。


例えば新商品を見て、

その商品のことを何も知らないにも関わらず、

見た瞬間に「ばーかwwこんなの絶対売れないよwww」と。

とても不快な気持ちになりました。

じゃあ、その商品、バカ売れしたらどう思うんですか。


彼の笑いは、笑いではなく、相手を見下す「嗤い」が多いです。

一緒にいると、心が荒みます。

彼は自分の意見が絶対に正しいと思っている側面があります。

今まで自分がやってきた悪いこと、全部繰り返し笑い話にしてしまいます。

僕は「嗤い」と悪事自慢が大嫌いです。

侮辱と悪事が趣味の男とどうして一緒に暮らさなければならないのか、

僕にとっては拷問です。

性的ないたずらをされたこともあります。

親は完全に金目的のようですが。


これ以上いうとまずいので。


にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村
posted by 稲城(イナギ) at 21:24| Comment(0) | 毒親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

依存という自己救済

何かに依存している人は不健康だ。

そんなことを言う人がいますが、

依存していることで問題が収まっており、

かつ、周りに迷惑を掛けたり、自分の健康を害していないのであれば、

別に依存体質でもいいと思うのです。

つまり、アルコールや違法薬物、度を越えた共依存など以外で、

それで自分や身の回りの人の生活が健全に回っているのであれば、

別に咎める必要なんてないのです。


何かに依存しないと生きていけないから、自分はダメだ。

そのような考えは、

例えば子供の頃の養育環境から来るものかもしれません。

特に、親が子供に依存している場合。

つまり、僕と母の場合です。

子供が大きくなっても、親が子供にしがみついて生きていこうとします。

親が何でもしてあげようとしてしまうからです。

子供は親の生き方を見て育ちます。

そうすると、

子供は「依存する・される」ことで愛情を確認しようとする、

何かに「依存する・される」ことがないと、不安になるようになります。



それを引きずり、人間への依存を続けると、共依存になる。

他のものに依存すると、その物質やモノに対する依存になる。

しかし、依存によって、逆に助けられていることもあります。


僕はイマジナリーフレンドたち、

特に相方のイズミと軽い依存関係にあります。

恋愛でも共依存にはなりえますが、

適度な依存なら、それはそれで何の問題もないと考えています。

僕達の場合、イズミがいると言えども、

彼女は基本的に、精神的に僕を支えているだけであって、

僕に対して物理的に何かしてくれる訳ではありません。

自分ですべきことは自分でしています。

(以前、彼女との意識交代を試みたことがありますが、

青年期以降に多重人格のような状態になるのは難しく、失敗しています。

結局、それで良かったのかもしれません)

精神的に依存していることは否定しません。


何かに依存しているという自覚があっても、

その依存が適度なものであって、

それで何の問題も起きていないのなら、

依存がセルフケアになっているということであると僕は考えます。



けれども、自分の依存状態に問題があるかもしれないと思うなら、

誰かに相談することも必要かもしれません。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ イマジナリーフレンドへ
にほんブログ村
posted by 稲城(イナギ) at 21:12| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

チーズ&チーズ

チーズ大好き野郎です。

ブルーチーズ以外なら何でも食べる人です。

今日は調布駅に新しく出来た、

北海道イタリアンの店「Mia Bocca」へ。

8月に北海道に行った時に立ち寄った店で、

とても気に入ったので再び。



今日はコロッケと、チーズリゾットを頂きました。

IMG_5641.JPG

ここのチーズリゾット、大きなチーズをくり抜いて、

その中にごはんを入れて仕上げるもので、

それを目の前でやってくれました。


今まで食べたチーズ系リゾットの中で一番美味しいです。


もちろん他の料理も美味しいですよー。

ぜひご賞味あれ。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
posted by 稲城(イナギ) at 18:58| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする