2017年10月20日

お知らせ&自分がインディゴであるという確信

今日は最初にお知らせ。

僕はポイントサイトをよく使うのですが、

そのうちの一つの「ecナビ」で全ショップポイントアップの

「買っ得フェス」をやっているので、紹介しておきます。

こちら→https://ecnavi.jp/campaign/kattokufes/


※以下、昨日に引き続き、スピリチュアルな話題です。ご注意ください。


本題。

昨日、オーラソーマの話の中で、

インディゴ・チルドレンについて触れました。

ボトルと天使との関わりを知り、自分がインディゴであることに

確信を得ることができたので、

購入を迷っていた、ドリーン・バーチューと息子のチャールズの本

『インディゴレッスン』と、

インディゴエンジェルのオラクルカードを買いました。

先程荷を解いて中身をパラパラと見たのですが、

何と言うのでしょうか、インディゴのエネルギーで包まれるような

そんな感覚を覚えました。

買ってよかったな、と。

これから活用していきたいと思います。

何か気付いたことがあれば、また記事にするかもしれません。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
posted by 稲城(イナギ) at 22:17| Comment(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

(オーラソーマと天使)偶然なんてない、全部必然なんだと。

※スピリチュアルな話題です。苦手な方はご注意ください。


普段、このブログの記事は、夜書いてすぐに投稿していますが、

何を思ったのか、昨日の記事は昼間に書いて予約投稿にしました。

そしてその夜、ブログなんて手に付かないほどの事態が起きたのです。


僕がオーラソーマを実践し始めたのは、先月8日です。

そのときの記事はこちら→どこに救いを求めるのか、という問題

※「オーラソーマって何?」という方はこちら→
「Art Being」オーラソーマのページ

それから今まで、二本目のボトルとワークしてきました。

(オーラソーマでは、リーディングで選んだ四本のボトルのうち、

自分の潜在的才能や、それをどのように開いて行くのか、

というテーマの二本目から使うのが一般的です)

それから一ヶ月と少し経ち、先程のオーラソーマの代理店から

「ボトルと天使の対応」が記された手帳が発売されると聞き、

手帳は買っても普段あまり使わないので、

来年の分は買わないと決めていたのですが、

なぜか「買わなければならない」という衝動に襲われ、

その場で買ってしまったのです。


そして届いたのが昨日。


天使については、

自分のボトルの四本目に大天使の名前が付いていましたが、

これまであまり意識していませんでした。

そこには、守護天使
(ガーディアン・エンジェル、インカーネーショナル・エンジェル)、

愛に関わるハート・エンジェル、

知性に関わるインテレクト・エンジェルについて書かれていました。

守護天使とハート・エンジェルは誕生日から、

インテレクト・エンジェルは生まれた時刻から算出します。

(ここから調べられます→エンジェルペンダント

出た結果に衝撃を受けました。

守護天使のボトルと、リーディング一本目の「魂のボトル」が一致。

インテレクト・エンジェルのボトルと、

リーディング二本目の「ギフトのボトル」が一致。


とても偶然の一致とは思えません。

これはどう考えても、必然ではないかと。

また、ハート・エンジェルは通常一人ですが、

まれに二人の場合があるようです。

僕は二人いたのです。

さらに、僕が四本目に選んだ大天使のボトルは「メタトロン」でした。

メタトロンは、人間から天使になった天使です。

そして、その役割が、文章を書くことと、

スターチルドレンの守護
である、と。

(※スターチルドレン:

地球外の天体からやってきて、地球で転生している魂。

スピリチュアルな能力を持っていたり、エネルギーに敏感だったりする。

僕はその一種のインディゴ・チルドレンだと、

スピリチュアル能力を持つイマジナリ―フレンド達に指摘されました)

もう一度。

これらが本当に偶然なのか、と。

四本のボトルは、何の予備知識なしに選んだものなのです。

三本目は今回出てきませんでしたが、残りの三本が、

自分に関係する天使と関連するボトルであるのです。

ボトルは魂レベルで選ぶといいます。

その魂と、天使との強い繋がりを感じずにはいられません。


余談になりますが、少し手相の話を。

実は僕、両手に神秘十字線があります。

先祖から守られていたり、

スピリチュアルなことに関係がある相です。

このボトルと天使の話も、それと関係があるのでしょうか。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
posted by 稲城(イナギ) at 22:22| Comment(0) | スピリチュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

部屋が綺麗な人は偉いのか

僕はすっきりしている部屋が苦手です。

見ていて寒々しく、落ち着かないのです。

物がそれなりにあっても、どこに何があるか分かるので、

問題はあまり起きません。


一方、母は散らかっていると怒ります。

綺麗な部屋の人は偉いと思っているほどです。

物の少ない祖母宅を見せて、「あなたもこのようにしなさい」と。

確かに、そう思っている人は多いですが、そうでない人もいます。

僕は物に埋もれているのが気持ち良く感じますが、

それが嫌という人がいるのも分かります。

分かりますが、その考えを押し付けないでくれと。

もし混沌とした庭が嫌なら、近づかなければいい。

自室が綺麗になってしまうと、

逆に僕の気がおかしくなってしまいそうです。

それに、部屋が散らかっている人は創造的だという話もあります。

アイデアは、秩序よりも混沌から生まれると思います。


まあ、部屋が整頓されていて、母に従順であったなら、

僕は親が毒親であることにすら気付かなかったでしょうが。

僕は危うく、親の敷いたレールに一生縛られるところでした。


にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村
posted by 稲城(イナギ) at 23:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする