2015年04月30日

連休の予定

僕は4連休です。

でも多分、どこにも行きません。

家で勉強三昧です。

語学が5つもあると、もうね…

資格の勉強も並行してやっているので、毎日受験期並みに

勉強しているような感覚さえ覚えます。

(僕は怠け者なので、学校から出された課題以外は

ほとんど受験勉強らしきものをしていませんでした)


Q.本当は?

A.鉄道博物館に行きたい。でも混雑がね…



posted by 稲城(イナギ) at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

求められる人間像?

昨日の話と被るかもしれませんが。


ここにオタクが三人います。

成績は同じ。

通学時間もほぼ同じ。

一人はサークル掛け持ちからの週末バイト。

二人目はサークル無所属でバイト掛け持ち。

三人目はサークルはバックれバイトせず。

これだけの情報で、何となく人間の順位づけが出来そうだから怖いです。

これにコミュ力の要素を加えるとどうなるか。

下へ行くほど、コミュ力が低いと想像してしまうかもしれません。


何のためにサークルをするのか。

何のためにバイトをするのか。

何のためにボランティアなどをするのか。

好きでやるのならそれにこしたことはありません。

でも、それらが就職活動で使うためのお飾りだとしたら?

僕は空しいと感じます。

しかし、就職活動では、

「勉強とサークルとバイトとを両立し、

仕事と関係のある何らかの資格を持ち、

英語が出来、

社会基礎力(特にコミュ力)があり、

かつどこかでリーダー格を経験し、

かつ挫折と再起を経験して成長したと自分ではっきりと説明出来る者」

が優遇されるのだと思います。

そして、この要素から誰もが出来る訳ではないリーダーの経験を引くと、

もうそれだけでほぼ必須条件になってしまう。


人間は所詮、お飾りの固まりなのか…?





posted by 稲城(イナギ) at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

「勉強は出来るのにね」

僕は、受験生の時、受験して合格するだろうという

上限ぎりぎりだったレベルの大学に通っています。

つまり、レベルを上げて挑戦してきたのです。

ですが、周りの人達を見ていると、レベルを落としたという声がちらほら。

(そのこと自体に文句を言うつもりはありませんが)

某上位国立大学を実は目指していた、という人もいました。

それはさておき、どっちにしろ入ってしまえば同じ土俵で戦う訳で。

「基礎学力」という要素は、この際皆ほとんど同じレベルでしょう。

問題になる要素は「真面目さ」と「対人能力」、そして「睡眠の量と質」なんだと、一年通って実感しています。

僕の場合、真面目さは確実にレベルが高いと思っています。

(自他共に認める、ってやつです)

困るのは、対人能力と睡眠ですよ。

僕は人と少し込み入った話をすると、すぐに頭が混乱して話が整理出来なくなるので、

自然と人を避けています。

これはIQテストの処理能力の低さからも明らかで。

人と接することそのものは好きなんです。

でも言うことがすぐ支離滅裂になり、気付けば一方的な話になっているのです。

(そしていつも話し終わってから気付く)

睡眠は、短時間で疲労回復出来る人がうらやましいです。

僕は目覚めが悪く、その上日中の眠気が無い日はありません。


何とかしたいです。

クリニックに通ってはいましたが、先生が自分に合わないのと、

毎回の診療費と交通費の負担が重いのでやめました。

今は学費のみで何回も利用できる大学のカウンセラーの元に通っています。

しかしタイムミリットは確実に迫っている…




posted by 稲城(イナギ) at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アスペルガー・発達障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする