2015年10月05日

鉄道擬人化SS『甘口カレー』(前半)

急に寒くなりましたね。

寒い日には熱いものやあったかいものが食べたくなりますね。







『甘口カレー』(前半)


京王八王子駅

そろそろ帰宅ラッシュも一段落し、自分も仕事を切り上げようとした午後8時。
駅員から声を掛けられたので出てみると、赤目銀髪の隣人ーー八王子がいた。
「夕ごはん食べに行かない?」
「いいよ。ちょっと待ってね」
あと少しだった書類を仕上げると、駅員達に後を任せて事務室を出た。
「何食べる? 俺はカレーが食べたい気分だけど」
「いいねえ。高幡のところにでも行くか?」
高幡不動駅の一階には、京王系列のカレー屋がある。
そこに一度八王子を連れていったら、それ以来すっかり気に入ったらしい。
まあ、入るのは高幡がいない時に限られるけど。
「そうするか」
京王線の特急に乗ってひとっ飛び。
高幡不動駅の駅員に挨拶したけど、本人は百草園と一緒にもう上がったという。
食べるメニューはもう決めていた。
甘口の野菜カレー。最近野菜不足かなと思っているからだ。
エスカレーターで一階に降りて、目的の店に向かう。
店の中を見たが、背が高くて目立つあの青髪はいないようだ。
店の外のメニューを八王子がじっと見る。
「何食べようかなー。京八はもう決めたの?」
「俺はもう決めてるよ。あ、そうだ、今日は奢ってあげようかな」
食事と甘い物以外にはあまりお金を使わない。財布に余裕はある。
「お、京八太っ腹。じゃあオムカレーにしようかな。いい?」
「いいよ」
カレーの中に鎮座するオムレツ。これが意外といけるのだ。
中に入って注文する。
甘口の野菜カレーと、中辛のオムカレー。
奥の席に座ろうとそこへ行くと、黄緑の髪が目に入った。
百草園が一人で食べていた。
「あれ、百草じゃん」
posted by 稲城(イナギ) at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道擬人化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック