2015年10月08日

鉄道擬人化SS『甘口カレー』(後編)

最近話題がありません。
ブログの記事にするほどの。

それだけ平和なのかもしれませんが。

……自分の周り、は。


この間の続きです。







甘口カレー(後編)


「お、八王子か。ここにも来るんだ」
「来るよー。ここのカレー結構好きでね。高幡がいる時は聖蹟まで行くけど」
「君、本当に高幡嫌いだね」
「しょうがないよ、性格合わないんだもん」
自然な流れで八王子が百草園の向かいに座ったので、俺も百草の隣に座る。
しかし、この駅で百草が1人でいるなんて珍しい。
「そういや、高幡は?」
「分倍と飲みに行ったよ」
「お前は行かなかったの」
「酔っぱらいの介抱をするのは面倒だからね」
「なるほどね」
分倍は外で飲む時は意識して抑えるが、高幡はつい飲み過ぎてしまう傾向がある。
家では逆になるのがまた不思議なところだ。
熱々のカレーが運ばれてくる。今日も美味しそうだ。
「相変わらずカレーまで甘口だねえ」
八王子がにやにやしながら聞いてくる。
「悪い? ていうか、ここの中辛結構辛いからね? 君達涼しい顔で食べてるけど!」
昔、試しに一口だけ、他の駅が食べていた中辛を食べたけど、それ以来甘口しかここでは食べていない。
「ええー、普通だと思うけど」
「僕もこれぐらいが丁度いいよ」
「辛いものダメで悪かったね」
マイルドなカレー。
それはカレーなの、って思わないことはないけど、でもお子様味覚の俺にとってはこれがいいし、これでいいのだ。
同じ甘党の他の2人はどうかって?
高幡はものによっては中辛も食べるけど、分倍は甘口しか食べない。
もちろん、分倍の作るカレーも甘口。
でも誰も突っ込まないよ、面倒だから。
夜8時半、男3人でカレー。
うん、悪くない。

posted by 稲城(イナギ) at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道擬人化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック