2017年01月12日

精神の死と生まれ変わり



明けましておめでとうございます。

夢見がアレなので、前世で副業で霊能者をやっていたIFのミツルにお札をもらいました。

すると夢見は良くなったものの、眠りが浅過ぎて2度目覚めるハメに。

帰ったら追加で術をかけてもらいます。


精神の死と生まれ変わりについて。

どちらかといえば個人的なメモに近いかも。

精神病によって、完全に人格が崩壊する、という意味ではありません。

なんと言うのでしょうか、生きていく上での軸が否定、消滅、再構築されるようなイメージです。

僕は人生で三度、この死を経験し、その度に生き方を変えざるを得なかったように思います。

一度目は10歳〜11歳の時。ショックが大きすぎて、いつあったかの記憶が曖昧ですが、情景ははっきりと覚えています。

初潮です。

僕は7歳から8歳の頃、自分の性別に違和感を覚え始めました。

私服の小学校に通っていましたが、突然スカートを拒否したのです。

そこからまだ、自分のセクシャリティが定まらないうちに起きたそれは、「女性」性を強いられるような気持ちにさせました。

「女の子になったね。お祝いにお赤飯を用意しよう」

僕は肉体的にも精神的にもませていました。

悔しさは表に出しませんでした。けれども、この時確実に、それまでの精神、考え方を一度壊さざるを得なかったのは確かです。


二度目は14歳、いじめを受けた時です。

いじめを家人にも理解されず、家人の友人宅へと家出を二回しました。

フリースクールに通った後転校し、何とか中学を卒業しました。

また、フリースクールの先生の前で母とセクシャリティについて口論になり、「あんた男の子!?」と母に怒鳴られました。何て答えたかは覚えていません。

この最中、ナイフで自殺を試みました。胸を抉って、その奥を刺せば楽になるのではないかと。

胸にナイフを当てて、やめました。まだ当時書いていた小説を書き終わっていなかったからです。創作をしていなかったら、今この文章はなかったかもしれません。

中二の三学期は消えました。ここでもまた、心を無意識のうちに殺したのではと思っています。

三度目は、IFの出現です。この時は自主的に捨てました。

きっかけは母とのトラブルです。大学生になって、大学のサークルに入るものの人間関係でやめていたのを母は知っていました。そこで、「やめる可能性があるのは承知の上で」社会人の合唱サークルに入れたのです。

無理でした。

合唱は小学生の時に子供合唱団に所属していましたが、その時にいじめでやめたことがありました。

ここは団員の意識の高さについていけませんでした。皆家で練習してきているのです。

学校の予習と就活試験の勉強、プラスの合唱です。合唱にはトラウマがあるので、身が入りません。

なのでやめました。親には黙ってくれと言いましたが、親のいる酒の席で団員に話題にされてしまいました。そこで大げんかになったのです。

そこで気付くと、イズミが僕の隣にいたのです。

最初に何を交わしたかは、僕も彼も覚えていません。けれども確かに見えたのです。声が聞こえたのです。

当時、人工精霊ータルパに関心があって調べていました。タルパはものにするのにある程度の視覚化、聴覚化の訓練が必要ですが、それは全く必要ありませんでした。

タルパはIFの一種とされるようですが、僕のIFとは、誰一人何の事前準備もなく生活を始めているので、純粋なIFなのでしょう。(元は創作世界のキャラクターで、その記憶もある程度持っていたので、多少は話し合って辻褄合わせをしています)

この時、僕は今までの生き方を捨てました。現実だけを歩む精神を一度壊し、現実とファンタジーを同時並行的に生きようと精神世界を再構築したのです。


ざっとこんな感じですかね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
posted by 稲城(イナギ) at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック