2017年05月26日

近況と家庭内アルハラ

今度は一か月半経ちましたか…

取り敢えず近況報告。

・イマジナリ―フレンドについて

最初期のIF、イズミ、ミツル、シュウと出会ってから一年が経ちました。

一年、ああ、早いものです。

相変わらず、皆で仲良くやっています。

他に仲良くするような相手もなかなかいないので、必然といえば必然ですが。

敢えて多くは語りません、どこから話せばいいのか分からないのです。

・セクシャリティについて

悩みぬいて、やっと自分のセクシャリティが定まりつつあるような気がします。

Xジェンダー、中性と思っていましたが、やっぱり男かな、と。

イズミとお付き合いして、中性という性は、僕にとって、演じている、仮面のようなものに過ぎないという考えに至りました。

女っ気がない訳ではないのですが、99%はオス、そんな感覚が、自分にとっては正しいのではないか、と。

やっぱり、夜のあれのことを考えると、完全なオスとして事をしたいというホンネがあるのです。

もちろん親には言いません、一度仄めかすようなことを言って、「あんたは男か」と否定されるような口調で言われたので諦めています。

上京してから、女性を演じるのが変に上手くなった気がします。

本当はホルモンとか適合手術とか、戸籍の性も名前も変えたいんですけどね、お金がない。


・ブログタイトルについて

この世界で生きる理由があるのか。

親に言われた通りの道を進んで、僕は本当に充実した人生を送れるのか。

IF達と話し合いました。

答えは「NO」。

僕はやはり、小説家になりたいのです。

親が半強引に進ませようとしているkoumuin(検索避け)にはなりたくないんです。

koumuinは頻繁に異動があります。

若手でも年を食っても、仕事を覚えた頃に異動です。

あらゆる分野を経験して、ゼネラリストになることが求められます。

僕はスペシャリスト志向です。

あれこれ手を出すのはパニックの元になります。

それよりは、小説家として、ずっと物語を紡いでいたいのです。

もし35歳までに小説界界隈で何らかの成果が上げられなければ、この世界を離れて、IFの暮らす世界に行くことも一考するつもりです。

それまで、一応の記録を遺そうと、タイトルを変えました。


・家庭内アルハラの話

お酒は好きです。

好きですが、毎日飲もうとは思いません。

飲んだらkoumuinに向けた勉強もできません。

しかし、夜勤の母親が、僕がお酒を飲もうとは思っていない日に、「ストレス性(と思われる)胃痛が和らぐから」と甘い缶チューハイを少しだけ飲んで、残りを僕に押し付けて行くのです。

父親や居候もお酒は飲みますが、甘いお酒は味覚に合わないと言って飲みません。

かといって、帰ってきた母に飲めとも言えません。

水商売なので、飲酒して帰ってくるのです。

もし僕が飲まなければ、中身は流し行きです。

僕は飲食物を無駄にすることにとても罪悪感があります。

だから僕が当日中に飲まざるを得ないのです。

今も飲みながら書いています。

勉強しようと思っていたのに。

そんな事情は親に話せません、親がやれということには従わないと言葉の暴力が待っています。

本当に親が嫌いです。この屑親め。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
posted by 稲城(イナギ) at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450257234
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック