2016年10月28日

家が一番精神的に疲れる場所という矛盾

季節の変わり目と疲れが重なり、体調を崩しておりました。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか。


突然ですが、僕は過干渉型の毒親の母が大嫌いです。

またやってくれました。

冷えてきたので冬服を出そうと協力を求めたところ、

「学校に行っている間にやった。気付いてないの? 衣装ケースの中身にあまり注意を払っていない女はダメだ」と。

衣装ケースの中に突っ込んである荷物も整理されていました。

おまけに、僕の机にまで手をつけて…

書いているだけで苦しいです。


相貌失認があるのですが、母は一発で顔を覚えるのが当たり前だと思っています。

昨日昔一度だけ会ったことがあるという人と会う機会があり、それについて話すと怒られました…努力が足りないと。

努力でどうにかなる問題ではありません。

相手は覚えていましたが、僕はさっぱり記憶にありませんでした。

母は僕の抱えるあれこれについて、自分から調べようとしません。

自閉症スペクトラム、FtX、相貌失認は伝えていますが、「社会経験を積めば治る、あなたと私(母)が努力すれば治る、普通の人になれる」と信じ切っています。

何度一生付き合う問題だと話しても効果がありません。

また、母は矛盾したことを平気で言います。

相模原の障がい者施設の事件の時は「かわいそう」と言っていましたが、身内に精神的マイノリティがいることは「恥ずかしい」と言います。

母は水商売です。娘がいると客に公言しています。僕を「社会経験だ」と言って客に引き合せます。

偏見を恐れる気持ちは分かります。

でもそれが、子供としっかり向き合わない理由になるでしょうか。

自閉症スペクトラムの二次障がい(と思われる)強迫症状がもう6年続いていますが、家族の理解と協力が求められるので、治療していません。
(金銭的な理由もありますが…)



精神的な休日が全く取れていません。

一日中家にいて、かつ親とは必要最小限の接触に留める。

母が家にいる間は、母の気に入らないことをしてはなりません。

母の世話も一部してあげなければなりません。

居候がいますが、彼も大変道徳的に厳しい人間です。

彼は自由業なので、いつ家にいるか分かりません。

家にいる時は、睡眠時以外は必ずテレビを見ています。テレビ番組の趣味が合いません。

(母と性格が近いです。彼にはマイノリティの一切を話していません。「甘えだ」と一蹴されるのが目に見えているからです)

だいたいどちらかがいます。気が休まりません。

最近本気で家出、引越しを考えています。母の許可がもらえそうにないので、就職後になりますが…

(母が一人暮らしを拒絶するのは、不審者を極度に恐れているからのようです)

学校の無料カウンセリングも、利用者が多いのか言いたいことが言えずに終わってしまいます。

先生はいい人ですが…

IF達と、ツイッターの仲間だけが癒しです。

ブログに書き出せるだけの気力はあります。

疲れていますが、まだ生きる気力はあります。


乱文失礼いたしました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
posted by 稲城(イナギ) at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ポイズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月06日

過干渉

自分は周りから過保護だと言われますが、

実際には過干渉だと思っています。

特に母親は、僕が19の今になっても、

「私がこの家の正義。私の言うことを聞きなさい」という態度を変えず、

子供が自分の思い通りにならないと、

イライラして僕を罵倒することもあります。

僕が折れると、いちいち「どうして私が正しいか」を僕が

「はい、分かりました」と言うまで説き続けます。

今日も喧嘩して僕が折れました。

正直、家にいるのがしんどいです。

特に母親がいる時は。

明日は訳あって、一人で空港に憂さ晴らしに行ってきます。



↓1日1クリック、応援よろしくお願いします。
posted by 稲城(イナギ) at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ポイズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

身内の不満

僕の母は、身内の不満を身内に言うのがお好きなようです。

僕の家では、父親の収入が年金と清掃員としての

微々たる給料のみで、母親が家のほとんどのお金を

稼いでいます。

そこで、子供である僕に一言、

「お父さんは生活力がないから、自分が頑張らないと」。

この一年で耳にタコが出来るぐらい聞きました。

母が父をプラス評価する発言を、僕はほとんど聞いたことがありません。


僕への不満は、僕に直接言ってきます。

僕は、母に対しては常に笑顔で接することを自宅でも強いられています。

理由ははっきりしていませんでしたが、ついに今日、

母が無意識のうちにでしょうか、ぽろっと言いました。

「あなたのいつもの顔が怖い」


じゃあ、どんな顔をして過ごせばいい?



↓1日1クリック、応援よろしくお願いします。
続きを読む…
posted by 稲城(イナギ) at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ポイズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする