2017年11月13日

金の亡者にだけはなりなくないのだけれど

僕の家庭はいわゆる「低所得者層」です。

夫婦と子供(僕)、そして同居人で年300万円以下で生活しています。

加えて、借金も多くあります。

僕の奨学金も全額借金です。


母は金の亡者そのものです。

数万円を稼ぐために、

休日でも、母の店にお金を落としてくれる客が要望すれば、

客の気を繋ぐために、

食事、喫茶、ダンスパーティーまで付き合います。

そして、例えば2時間、食事に付き合い、

「3万円確保した」と喜びと共に疲れて帰ってきます。


これだけ見ると、かなり稼いでいるように見えますが、

母の手取りは店の売り上げの10分の1です。

人件費、家賃、仕入れ、税金(特に消費税)、借金。

これが現実です。

母は金の亡者にならざるを得ないのです。


そして今、僕も必死でお金を稼ぐために時間と費用を投じています。

将来、お金のために生きたくないからです。

正直に言って、僕は元々お金にほとんど関心がありません。

しかし、親元から逃げ、一人で暮らしていくためには、

どうしてもお金が必要になります。


愛だけで人間は生きていけませんし、地球は救えません。

所詮お金だと。

そのような思考は、理想主義の僕にはまったく似合わないものですが、

お金のために生きている母を見ていると、

そう思わざるを得なくなります。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
posted by 稲城(イナギ) at 21:09| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

暇なんてない、ただ母のために

ただいま、パチンコ店にいます。

僕はパチンコをやりませんが、

母がストレス解消のために、パチンコをしています。

僕は休憩スペースでこれを書いています。


本当は、卒業論文のために文献を読みたいのです。

しかし、母は僕に対して不満を言いながらも、

ストレス解消のお供に買い物や喫茶、飲食に連れ出します。

パチンコやってる時間があるなら、

僕の本音に耳を傾けてほしいですけどね。

期待していませんが。


にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村
posted by 稲城(イナギ) at 18:06| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

あんた、もうちょっと空気読もうや。

卒業論文の準備で集中して文章を読んでいる時に、

正月の旅行と、銀行の預金の話を20分。

なんとか、なんとか怒りを抑えました。

その話、後ではダメですか?


ダメですか、そうですか。

まあ、あなた、忘れっぽいですからね。


にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村
posted by 稲城(イナギ) at 21:15| Comment(0) | 毒親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする